フラクセルⅢ デュアル

フラクセル3

フラクセルとは、レーザーを点状照射する事による凝固の治癒過程を利用して新しい皮膚を再生する治療法です。使い古した肌をリセットし、新しい肌へ入れ替えるフラクセル。

ニキビ跡や毛穴の開きの改善に加え、シミやむらのない肌、しかも品の良い光沢のある輝きとシルクのようなきめをご自分にプレゼントする為のレーザーです。

フラクセル3の症例 (ブログ)

フラクセルⅡとフラクセルⅢデュアルの違い。

新搭載の長い波長のレーザーで広く浅いシミやテクスチャを改善

フラクセルⅢデュアルはフラクセルⅡと違い、何が変わったのでしょうか?
それは、フラクセルⅡに搭載されていた1550nmレーザーに加えて、新たに村上春樹さんの小説1Q00のような1927nmという長い波長のレーザーが加わった事です。

フラクセル3

適応症例

波長 適応
1550nm    ・テクスチャー
・毛穴の開大
・ニキビ跡
・萎縮性瘢痕
・深いしわ 
1927nm    ・テクスチャー
・くすみ
・表在性の色素斑
・色ムラ
・小じわ
・日光角化症

症例

シミや雀卵斑(ソバカス)は、フォトRFなどのIPLやQスイッチレーザーで治療が出来ますが、同時にテクスチャー(きめ)の改善や、しっとりとして艶やかな光沢を一緒にプレゼントできるのがフラクセルⅢデュアルならではの優れた効果です。

輝きを増すテクスチャーの改善、シミの治療や小ジワ、張りの改善と同時です。今までのフラクセルⅡとフォトRFを同時に行ったような優れた効果です。

フォトRFは日光による老化のシミ、赤みなどの皮フの改善ですが、フラクセルⅢデュアルは皮フの改良なのが、肌質を見るとわかります。



フラクセルⅡ同様、ニキビ跡や毛穴の開きの改善は言うまでもありません。

 

フラクセル3の症例(ブログ)

実は、当院ではフラクセルⅡは、アクネスカー(ニキビ跡)のひどいものをメインに治療していました。毛穴の少しばかりの開きや軽いニキビ跡のようなスキンリジュミネーションには、あまり積極的に使用してはいませんでした。
治療金額や回数などの負担を考えるとあまり薦めたくなかったからです。それなら、フォトRFとレチノイン酸クリームの外薬を組み合わせる事により、同じ効果が得られるというのが、美容皮膚科医である私のフラクセルⅡの評価でした。
ですが、今回の新フラクセルⅢデュアルは1927nmのレーザーが加わる事により治療・美容効果の範囲が広がり、レベルアップしました。
軽いニキビ跡やシミにも効果が高まりましたが、それよりも何よりも品の良い仕上がりはフラクセルⅡにない別格の趣です。

治療の流れ

価格表

フラクセル3価格表(アフターケア化粧品付)
両頬 ¥48,600
全顔 ¥86,400
¥27,000
両手、首、鼻+両頬 ¥59,400~(面積によるので診察の上)

※各種クレジットカードでの支払いが可能です。

術後ケア

日焼けは厳禁 … 治療前後1ヶ月は日焼けに注意してください。
レチノイン酸クリーム・ピーリングに注意 … 治療前後1週間は使用を避けてください。
刺激を与えない … 肌を擦らないでください。保湿を十分にして下さい。

施術を受ける方へ…

下記に該当される方は治療を受けられない場合があります

 

美容治療

Copyright (C) Yamamoto Skin Clinic. All rights reserved.