レーザートーニング メドライトC6  (QスイッチYAGレーザー)

山本皮フ科は肝斑でお悩みの方にメドライトC6の施術を行なっております。

レーザートーニング(ブログ)

肝斑とは?

30代~40代の女性に多くみられます。
ホルモンや紫外線、肌のこすりすぎなどが原因とされています。

肝斑の特徴

 

肝斑は薄くできる?

レーザートーニング メドライトC6 (QスイッチYAGレーザー)とは

MedLite メドライトC6(QスイッチYAGレーザー)という医療用のレーザー機器を使って弱いレーザーを当て、メラニンを少し ずつ壊していきます。
回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。
レーザートーニングは、従来のレーザーでは治療できなかった肝斑に効果を発揮します。
肝斑だけでなく、しみやくすみなどの色ムラも改善し、明るく透き通るような肌へと導きます。
開いた毛穴にも効果的で、ピンとハリのあるキメの整った肌に。
美肌治療ははじめてという方はもちろん、いままでいろんな美肌治療をやってきたという美容上級者にもおすすめです。

レーザートーニング メドライトC6 はどんな肌のトラブルに向いているの?

レーザートーニング メドライトC6 (QスイッチYAGレーザー) のしくみ

レーザーを均一に照射できる

通常、シミ治療で使用されているレーザーのビーム(照射したときのレーザー光)は、 ガウシアン型と呼ばれる山の形をしています。 これは、ビームの中心が最もエネルギーが強く、中心から離れるにつれてだんだん弱くなってゆきます。 このため、肝斑にこのタイプのレーザーを照射すると、 エネルギーの強すぎる中心部は炎症を起こして悪化する恐れが生じます。 反対に周辺部ではエネルギーが弱すぎて効果があまり期待できないという欠点がありました。

これに対し、レーザートーニングで使用する「メドライト」のビームは、 トップハット型と呼ばれる平らなレーザービームなので、強弱の差がなく、 均一にムラなくエネルギーを届けることが可能になったのです。



低出力で炎症が起こりにくい

肝斑の場合、ちょっとした刺激(炎症)によってメラノサイトが活性化しやすい状態になっていますので、今までと同じようにレーザー治療をすると悪化させることがあります。

メドライトC6の治療では、広範囲に弱いパワーでレーザーを当てるため、メラノサイトを活性化させる原因となる刺激(炎症)を起こさせることなく、メラニンを徐々に減らしていくことが可能です。

また、QスイッチYAGレーザーの波長1064nmは皮膚への深達度が高く、メラニンが蓄積されている層まで効果的にレーザーエネルギーを届けることができるのもポイントです。

治療の流れ

治療自体は、10分程度で終了

メドライトC6の治療自体は、10分程度で終了するので、忙しい方にもぴったりです。
パチパチとはじけるような刺激がありますが、麻酔は不要で、治療後はいつも通りメイクができるので、ランチタイムの時間を利用したり治療後に大切な予定を入れたりできるから、気軽に治療を受けられます。1~2週間に1回、合計5~10回の治療が目安です

治療の経過

回数を重ねるたび、少しづつ改善していく治療です。
※施術条件はスキンタイプにより異なり、効果のあらわれ方には個人差があります。

痛みは?

輪ゴムでパチパチとはじくような痛みが少しありますが、麻酔の必要はありません。
※痛みの感じ方には個人差があります。

回数は?

1回で治す治療ではなく、徐々にうすくしていく治療です。2~3回目の治療後ぐらいから実感する方が多くいらっしゃいます。
※効果の感じ方には個人差があります。

再発は?

現在、肝斑のできる理由がはっきりとしていないため、再発する可能性があります。
レーザートーニング終了後は、日々のケアで美白を心がけ、メンテナンスとして定期的なレーザートーニングをおすすめします。

 

施術例

30代女性


メイクで隠し切れなかった両頬の肝斑が改善。毛穴も引き締まって透明感のあるツヤ肌に。

30代女性


数年前に現れた両頬の肝斑が改善。肌の色ムラが均一に。

40代女性


顔全体に点在するシミにも。

30代女性


毛穴が引き締まって、ハリのある美肌に。

40代女性



気になっていたうっすらとしたシミが改善。キメも整ってなめらか肌に。

30代女性


目の下に広がるシミが改善。

施術料

価格表
¥12,900
顔全体 ¥21,600
頬・鼻 ¥15,100

※各種クレジットカードでの支払いが可能です。

美容治療

Copyright (C) Yamamoto Skin Clinic. All rights reserved.