ナノホワイトCE    New 更に細胞成長因子配合

従来のビタミンC誘導体の抗酸化能力をはるかに越える次世代型ビタミンC誘導体アプレシエ、成分発見者がノーベル賞を受賞したことで知られるナノテク素材フラーレン、新型ビタミンE(γトコフェロール&トコトリエノール)、低刺激で安全性の高いアミノ酸型乳化剤サーファクタント、そして注目の 細胞成長因子(抗シワ剤)MTPを更に配合し、パワーアップしたアンチエイジング(細胞の老化防止効果)、ホワイトニング(メラニン産出抑制効果)が期待できるエッセンスタイプの化粧水です。

新技術のナノカプセルは、とにかく小さい粒子です。お肌に効果的な成分を皮膚細胞より小さなナノサイズ(1mmの100万分の1)のカプセルにする事により、今までは届かなかった肌深部まで届けてくれます。
アンチエイジングのポイントは肌の抗酸化を高め、活性酸素を抑えて細胞死をスローダウンさせることです。 肌表皮でしっかり活性酸素を消去し、真皮ではコラーゲン合成を促進させ、メラニン生成を抑制し、美白、防シワ、防シミを同時に実現することが可能になりました。また、活性酸素を強力に除去することで、内側からと外側から、炎症ニキビを改善する効果があります。

ナノテクノロジーの 「ナノ」 って?

250ナノメートルより大きいものは人間の肌の細胞の間は通る事ができません。従来の化粧品では分子が大きいため、皮膚や毛穴から浸透せずせっかくの有効成分が肌の表面にとどまっていました。しかし、有効成分をナノ化することにより、有効成分は肌の細胞の間をすり抜け肌の奥底まで届く事が可能になりました。   

ナノカプセルは、薬品をナノメートルの単位まで細かくしたもので、さらにその微粒子が何層にもタマネギの皮のようになっているものです。時間経過ともに層が一枚一枚はがれと肌に浸透させつつ、有効成分を目的地に確実に放出し、効果を長時間持続させることができるようになっています。

ナノカプセルにはナノ単位の微粒子を カプセルにつめたものもあります。人体に無害な炭酸カルシウムのナノカプセルに有効成分を閉じこめる事により、安定した状態で必要な部分にのみ有効成分を届ける事ができます。 

ナノテク素材 「フラーレン」 って?

「活性酸素をスポンジが水を吸うように吸収し無害化する。」という作用に注目です。フラーレンの活性酸素を除去する作用は、ビタミンCの100倍以上といわれています。 このかなり強力な抗化作用は、「パーキンソン病」「アルツハイマー」など、活性酸素との関係をうたがわれる病気の治療薬としての実績があることでも証明済です。
フラーレンは、メラニンをつくるメラノサイトにメラニンの生成させるきっかけになる活性酸素を強力に除去することで、内側からと外側から、色素沈着を改善して、内側から肌の基礎体力をアップさせ、ターンオーバーのサイクルを正常化させます。そして、活性酸素から皮膚細胞をまもることで、ひとつひとつの細胞を元気にたもって、肌の内側から基礎体力をアップさせ、新陳代謝をうながして、できてしまったメラニンを皮膚細胞といっしょに肌の外へ排出します。色素沈着をおこす炎症ニキビは、すばやくおさえることも大切になってきます。あたらしい炎症をおこさないために、活性酸素を除去してくれるフラーレンは頼れるヤツなのです!

新型ビタミンC 「APPS」 って?

APPS(アプレシエ)=パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na。にきびだけではなくしわ・しみ・美白にも効果があります。従来のビタミンC誘導体に比べ、刺激が少なく、真皮の奥まで素早く届き、効果が持続するうえに、浸透力がなんと従来のビタミンC誘導体の約100倍!水溶性は浸透力があるものの効き目が短く、油溶性は浸透するのに時間がかかるが効き目が持続する。両方の良い点を持っている新ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)は、素早くなじんで高い効果が持続します。表皮を整えながら細胞内に浸透することで、活性酸素を除去します。さらに新型ビタミンC誘導体(APPS)がイオン導入しないと届かないと言われていた真皮の奥まで浸透して通常時の約6倍のチカラでコラーゲンの合成を促進します。コラーゲンが新陳代謝を促進させ、にきびのない透明感のあるお肌に導き、毎日朝晩のお手入れでにきび・しみ・毛穴・しわにアプローチします。シミ、シワ、毛穴、吹出物など、多くの肌悩みに働くと知られながら、肌に浸透しにくいのが難点だったビタミンC。でも新型ビタミンC「APPS」アプレシエ(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)は水溶性と油溶性の両方の特長を兼ね備え、皮脂も細胞膜も細胞間脂質もモノともせず、ズンズン浸透します。


従来の100倍もの浸透力で、すばやくムラなく浸み込んでいき、肌全体をたっぷりのビタミンCで満たします。
だから、ビタミンCが本来持っている素肌力をぞんぶんに発揮。皮膚科でも注目の新成分です。

細胞成長因子 「MTP」 って?

MTPは、I型コラーゲンの生成促進効果に優れ、繊維芽細胞と角化細胞の増殖促進効果があります。これらの効果により、皮膚組織を活性化し、皮膚水分量を上昇させる効果があります。肌のコラーゲンにはプロリンという物質が存在し、プロリンはタンパク質の一種プロテインに多く含まれます。MTP(=ミルクトリペプチド)は、牛乳内のプロテインが分解されて生まれた牛乳由来のペプチド。ペプチドは、細胞外マトリックス成分の生成を活発にし、MTPは真皮の細胞外マトリックス成分の7割強を占めるⅠ型コラーゲンの生成を促します。

目尻の部分にMTP0.5%配合のクリームを1日2回・8週間使用後にシワの深さを測ったところ、スキンケア製品を使わなかった人と比べて、深いシワと浅いシワ両方とも起伏の差が小さくなるという結果が出ました。MTPは小シワから深いシワまで同時に減少させ、ふっくらとリフトアップします。


(左図:深いシワ、右図:浅いシワ) 

MPTによってⅠ型コラーゲンの生成が促されると繊維芽細胞が増殖し、真皮内の細胞の密度が高くなります。やがて真皮から表皮へ押し出される細胞の数も増え、真皮から表皮まで高密度の細胞に支えられ、肌にハリと弾力がみなぎります。

使用方法は、化粧水として洗顔後に振ってから2~5プッシュ、または、化粧水のあとに気になるシミやしわの部分にエッセンスとして振ってから1プッシュ、その後にセラミド配合のクリームをお使いください。トロミがあって吸い付くようなローションは、素早く肌に吸収されます。

美容治療

Copyright (C) Yamamoto Skin Clinic. All rights reserved.