ピコレーザー

HOME美容皮膚科ピコレーザー しみ・くすみ シワ たるみ キメ・毛穴 ニキビ

ピコレーザーのご案内

Guide of pico laser

従来のレーザーでは取れなかった薄いシミやしつこい肝斑に対して強力な効果を発揮する最新のレーザーです。

シミやそばかす、くすみ、肝斑、毛穴、小じわ、ちりめんじわ、ニキビ跡、刺青・タトゥー・アートメイク除去など。

ピコレーザーとは
explanation of treatment

ダウンタイムやお肌に与えるダメージを少なく、お肌の悩みを改善したい

  • シミ、そばかすのピンポイント除去
  • 刺青、アートメイク除去
ピコスポット
  • 肝斑や広範囲のシミへのアプローチ
  • 美白効果
  • くすみ改善
ピコトーニング
  • 小じわ
  • 毛穴
  • ニキビ痕
  • 肌のハリ
  • 肌質改善
ピコフラクショナル

 

ピコレーザー(エンライトン)とはアメリカのFDAで認可されているシミの原因となるメラニン色素を破壊するホワイトニング効果の高いレーザーです。「安全で効果的な治療を実現する」をコンセプトに2014年から北米で発売開始されました。
始めは炎症性色素沈着のリスクの高いアジアのスキンタイプに合わせて開発されましたが、今は世界標準となっています。
ピコレーザーはシミやそばかす、くすみ、肝斑だけでなく、毛穴や小じわ、ちりめんじわ、ニキビ跡、刺青・タトゥー・アートメイク除去など幅広く効果があり、痛みが少なくて肌に優しく、色素沈着なども少ないのが特徴です。
「ピコ秒」という1兆分の1秒という瞬きよりも短い照射時間で色素を破壊していきます。

照射時間が短いことで従来のレーザーでは取りきれなかったシミ、そばかす、肝斑、色の付いているタトゥーなどにも効果があり、ダウンタイムや痛みも少なく、短期間で除去することが出来ます。

ピコレーザーの仕組み
mechanism

ピコレーザーは従来のナノ秒のレーザーと比べ、色素沈着も少なく、従来のレーザーでは砕けない大きさの粒子を砕くことが可能になったため、薄いシミにも反応しやすくなりました。

ピコトーニングが肌全体の色みや肝斑、ピコフラクショナルは肌の凹凸や毛穴、ピコスポットはピンポイントのシミ取りやTatoo除去と使い分けをします。

また、532nmと1064nmでは750ピコ秒のパルス幅で照射でき、これは他のピコ秒レーザーマシンと比べると長いパルス幅になっています。
この2つの波長により色味に対する治療の加減を自在に操ることが出来ます。

従来のレーザーでは熱エネルギーを中心に強いパワーで色素を壊していたので、反応した色素の周囲まで熱影響が及び、色素沈着が発生してしまいました。
ですが、ピコレーザーは熱エネルギーよりも、衝撃波で色素を叩き砕くイメージで壊していきます。
そのため照射時間は短いですが、薄い色素斑にも反応し、熱影響が少ないので色素沈着のリスクも低くなります。

レーザーの波長は長ければ長いほど皮膚の深くまで到達します。ピコレーザーには三種類の治療方法があります。
ピコトーニングが肌全体の色み、ピコフラクショナルは肌の凹凸、ピコスポットはピンポイントのシミ取りと使い分けをします。

ピコスポット
pico spot

効果

  • シミ、そばかすなどのポイント除去
  • ADMの改善
  • 刺青、アートメイク除去

ピコスポットは薄いものから濃いものまでシミ全体、ADMにピンポイントに照射出来ます。 照射後は一週間ほどかさぶたのようになり、自然に剥がれます。 従来のレーザーと違い、テープや保護などは必要ありませんが、軟膏塗布を推奨しています。(大きいものには保護が必要な場合もあります) また、刺青やタトゥー、アートメイク除去にも対応しており、カラーが入っているものにも対応しています。
従来のレーザーでは水膨れが出来るなどの大きいダウンタイムが必要でしたが、ピコスポットでの刺青、タトゥー、アートメイク除去はダウンタイムが穏やかです。
また、スポットサイズを2〜8ミリまで調整出来るので、除去したい部分以外の皮膚への負担を最小限にすることができます。
基本的にシミは一回の照射でも薄くはなりますが、状態により数回の照射が必要になります。
また、ピコトーニング後にピコスポットを重ねるとより美肌効果があります。
※推奨間隔…3ヶ月以上

ピコトーニング
pico toning

効果

  • そばかすや肝斑など広範囲のシミの除去
  • 美白効果
  • くすみ改善
  • 肌質改善
  • これまでのレーザートーニングやIPLで改善されなかった方

トーニングとは低出力のレーザーを当てることでメラニン色素を少しずつ減らしていく施術です。
従来の高出力レーザーでは肝斑を悪化させてしまったり、白斑が生じてしまう場合がありましたが、ピコトーニングは肝斑にも効果を発揮します。 また、ピコトーニングはメラニン吸光度が高いため、メラニン色素によく反応します。
従来のレーザーでは破壊できなかった小さな粒子にも反応し、粉砕することが可能で、熱ではなく衝撃波でメラニンを瞬時に砕くので、そばかすや炎症後色素沈着、薄い広範囲のシミにも対応しています。
シミ治療だけでなくお肌全体のトーンアップやくすみ取りにも効果的です。こちらもダウンタイムはなく、施術直後からメイクが可能です。
※推奨間隔…1〜2週間に1回

ピコフラクショナル
pico fractional

効果

  • 小ジワ、毛穴の改善
  • ニキビ跡の改善
  • 肌質改善
  • 肌のハリ
  • 肌質改善
  • 従来のCO2レーザーのダウンタイムや痛みが強く、続けていけなかった方

MLA(マイクロアレイレンズ)という特殊なレンズを使用し、照射することでエネルギーを部分的に集中させ、真皮の深部にまで浸透します。
ピコフラクショナルは肌の表面には穴を空けず、高密度なレーザーを照射することで衝撃波により表皮に極小の空洞を作ります。
その空洞が治癒することでコラーゲンを産生し、エラスチンの再生を促し、お肌のくすみをはじめとする毛穴やニキビ跡などの肌の凹凸の悩みもトータルで改善していくことができます。
従来のレーザーではあえて直接お肌に穴を開けていたので施術時の痛みやダウンタイムも大きかったですが、ピコフラクショナルでは表面のダメージが少なく、施術後は軽く赤みが出るほどですので、ダウンタイムはほとんどないです。施術後、メイクも可能です。
※推奨間隔…2〜4週間に1回

ピコレーザーのメカニズム
mechanism

1.

シミやそばかすはメラニン色素の深さや増加度合いがそれぞれなので、ひとつひとつに合わせて適切な波長、パルス幅、スポットサイズ、エネルギーレベルに合わせます。

2.

照射します。痛みは輪ゴムでパチパチと弾いているような痛みです。
メラニン色素に合わせて照射していくので肌へのダメージを最小限に抑えることができます。

3.

ピコレーザーにより破壊されたメラニン色素が照射のたびに少しずつ排出され、シミやそばかすが改善されていきます。(ピコトーニングの場合は4~5回ほど短期間で繰り返し照射すると美肌効果が高いです)

併用すると良いもの
Good to use together

二次色素沈着を防ぐために、内用、外用薬を使用することをおすすめします。

ハイドロキノン

ハイドロキノンはメラニン生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑制する作用と還元作用によりメラニンの色を薄くする働きがあります。
ピコレーザーでかさぶたが出来て取れた後、炎症後色素沈着(PIH)といって茶色の色素沈着になることがあります。 ハイドロキノンを塗っていても色素沈着になってしまうことはありますが、通常よりも早く色素沈着が改善したり、予防効果があるため推奨しております。

 

レチノイン酸

ハイドロキノンと併用してピコレーザーでのシミ取り後に使用すると効果が上がります。 レチノイン酸には肌のターンオーバーを促す作用があります。 肌の入れ替わりが早くなることでメラニンが沈着している角質を通常より早く除去することが出来ます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、肝斑への効果があり、厚生労働省にも認められています。安全性も高く、副作用も比較的少ないです。 シミなどの原因となるメラニンを抑制する働きがあります。 抗炎症作用もあるのでシミやそばかす、肝斑だけで無く毛穴やニキビ跡の赤みにも効果があります。 ただ、トラネキサム酸には止血作用があるため、脳血栓、脳梗塞、心筋梗塞、血栓性静脈などの病歴がある方は独自の判断で服用するのは避けましょう。 また、腎臓で排出処理されるので腎不全のある方も服用は避けましょう。

経過
progress

  • メイクは翌日から可能です。赤みが強い場合はお控えください。
  • 赤み、点状出血が出ることがありますが、数日ほとで改善されます。
  • かさぶたは自然に剥がれるまで無理に剥がさないでください。
  • 治療後は乾燥しやすく、日焼けもしやすい状態になります。保湿と日焼け対策を行ってください。
  • 肌をこするなどの行為は控えましょう。
  • ピコトーニングの場合2~3週間に1回のペースで4~5回ほど行うと効果的です。

以下の方は治療できません

  • 肝斑部分へのピコスポット、ピコフラクショナルの施術(ピコトーニングのみ可能)
  • 光線過敏症の方、光感受性を高める薬を内用されている方
  • 強い日焼け後、日焼けの予定がある方
  • 施術部位に重篤な皮膚疾患および感染症がある方
  • 糖尿病の方
  • てんかん発作の即往のある方
  • 出血性疾患を発症している方
  • ヘルペスウイルスの方
  • 妊娠及び授乳中の方
  • ケロイド、火傷がある方、アトピーや炎症性ニキビがある方、アレルギー体質の方、金療法を行っている方(金の糸や金属プレートを入れている)、プロテーゼが入っている方(避けて照射することは可能です。)

施術料
price list

ピコレーザー
(税込)
ピコスポット
1㎝
¥16,500~
ピコトーニング
全顔
¥33,000
ピコフラクショナル
全顔
¥38,500

※各種クレジットカードでの支払いが可能です。

スキンクリニック山本皮フ科形成・美容外科

スキンクリニック山本皮フ科
形成・美容外科

【時間】午前 9:30~12:30 午後 14:30~18:00
【休診日】土曜午後(不定期)・木・日・祝日