眼瞼下垂手術

眼瞼下垂手術のご案内

surgical information

      
見た目だけでなく、頭痛・肩こりにも影響している場合があります

眼瞼下垂とは
with ptosis

眼瞼下垂とは 「眼瞼」とは「まぶた」のことで、「下垂」は「垂れ下がる」ということです。
つまり、眼瞼下垂とはまぶたが垂れ下がってしまい、開きにくくなってしまった状態のことを言います。
当院の眼瞼下垂の手術では単に目が開くだけでなく、形成外科美容外科ならではの美しい二重まぶたをつくっています。  
 

自分のお顔の目つきが悪く見えたり、常に眠たそうな表情に感じる方は眼瞼下垂の可能性があります。
寝不足そうな目は疲れた印象になってしまったり、元気がなさそうに見えたりするため老けた印象に繋がってしまいます。
そして加齢による目の窪みを修正するだけでなく、眼力をアップさせたい方黒目を大きく見せたい方にもおすすめの治療です。

原因と分類
cause and classification

先天性眼瞼下垂

  • 生まれつき (単純先天性眼瞼下垂、瞼裂狭小症候群など)

先天性眼瞼下垂の主な原因は、まぶたを持ち上げる筋肉自体が生まれつき弱い(低形成)ことによります。
後述する後天性と治療法が異なります。 片目に多いですが両目にも起きます。
お子様が首をあげてものを見る癖があったり、目の開きに左右差がある場合は先天性眼瞼下垂症の可能性があります。

偽性眼瞼下垂

これは、まぶたを開く力は正常だが、主にまぶたの皮膚のたるみがまつげを超えて黒目の部分まで被さってしまうことによって、視野が悪くなるためにおきる眼瞼下垂様の症状です。
通常はまぶたの余った皮膚をとる手術で対応します。(眉下切開や全切開;リンク貼る)
一般的には保険適応とはなりません。

後天性眼瞼下垂

  • ハードコンタクトレンズの長期使用 
  • 加齢
  • メイクやメイクオフの際に刺激を与えてしまう
  • アトピー性皮膚炎

後天性眼瞼下垂の一番の原因は加齢性の眼瞼下垂です。
加齢によって目の上が窪むと、薄い二重になってしまい眠たそうに見えます。
誰もが歳を重ねていき、加齢していくので、誰でも眼瞼下垂になる可能性はあります。

正常な状態

軽度の下垂

中度の下垂

重度の下垂

症状
symptoms

最初はまぶたが重たいため前頭筋というおでこの筋肉を収縮させることで眉毛を上げて、目が開きにくいのを代償します。(代償期)
その後、それでも目が開けにくくなると徐々にまぶたの下垂が目立ってき、眠たそうなまぶたに見えていきます。
眉毛を常に上げている状態になるため、おでこの筋肉が常に緊張し頭痛を引き起こしたり、おでこの筋肉につながる首や肩の筋肉が緊張することで肩こりが蔓延化したり、めまいや冷えにも繋がります。
更に悪化してしまうとまぶたの皮膚が三重、四重に重なってしまいます。

注意した方がいい人

  • パソコンやスマートフォンをよく使用する
  • まぶたを重く感じる
  • 「疲れてる?」「寝不足?」などとよく聞かれる
  • 実年齢より老けて見られる
  • 目と眉の間が広い
  • おでこにシワが入る
  • ハードコンタクトレンズを長期間使用している
  • 二重幅が広くなってきたり二重のラインが薄くなってきた方
  • アトピー性皮膚炎の方

眼瞼下垂の対策方法

物理的な刺激が一番良くないため、まぶたを擦らないようにすること。
メイクのクレンジングの際も優しく落としてあげてください。
また、紫外線も刺激になってしまうため、日焼け止めを塗るなど日焼け対策を行ってください 。
花粉症の方は目薬を処方してもらい、擦らないようにしましょう

保険診療と自費治療
insurance medical treatment and self-financed treatment

眼瞼下垂が中等度以上は保険適応で治療も受けることができます。  
ですが、「まぶたの開きは悪くないが、眼を大きく見せたい」や「黒目を大きく見せたい」とのことで美容目的の眼瞼下垂の手術を希望する方も増えております。
美容目的での手術は保険適応外となり全額自費負担となります。
審美的な要素が強くなるため、可能な限り、ミリ単位での患者様のご希望や要望をお伺いすることができます。  
拳筋前転法での保険治療の場合の費用。片目 ¥72,000 両目¥144,000 となります。
一方、カラーコンタクトレンズに合わせてあまりにも大きく開いてしまうと、黒目の上や下の白目が見えてしまい「三白眼」になってしまいます。  

カラーコンタクトに合わせた状態

裸眼(三白眼)

このように開くことは技術的には可能ですが、将来ドライアイになる可能性も出てきてしまいますし、眼球の保護のためこういった極端な手術はご提案しないことが多いです。

手術方法
surgical method

瞼の皮膚がたるんでいるため、目が小さく見えます

二重のライン上で余った皮膚を切除

瞼板に挙筋や腱膜を短縮するように縫い止めます

瞼の開きを調節して、余った腱膜を切除

細いナイロン糸で細かく縫合します

たるみがなくなり、目が開きやすく大きな印象になります

当院では通常、挙筋前転法(腱膜固定法)で治療を行います。
手術は局所麻酔で片眼45分、両眼90分程かかります。
ぱっと見、片目だけが下がっている場合も原則は両側の手術を行います。
理由は、下がっている方が上がるようになると、あまり下がってない側の筋肉がサボってしまい健康な側の目の開きが悪くなってしまう(Heringの法則といいます。)のと、片目に眼瞼下垂が生じている場合は正常に見える方も通常はなんらかの兆候が出ていることが多いからです。

挙筋前転法とは、上まぶたの二重ラインを切開し、目を開ける筋肉、またはまぶたを繋いでいる部分を短縮させ、たるんでいる皮膚を切除します。
更に目の開きを大きく、且つ同時に美しい二重まぶたを作れます。
埋没法などと違い、糸が取れる心配がほぼなく、半永久的です。
そして付随する筋肉を傷つけずに手術ができるため、安全な術式です。

手術後はそのままお帰りいただけます。
目元以外は当日から洗顔可能ですが、濡らさないように気をつけてください。
傷口の洗顔は翌日から可能です。洗顔後処方された軟膏を塗布するようにしてください。

経過
progress

大まかな腫れ、赤み、上まぶたの異物感などの症状は2.3日で落ち着いていきます。

アイメイク以外は当日から可能です。
シャワーは浴びられますが当日は目を濡らさないようにしてください。
入眠時は枕を高くして寝て頂くと腫れの軽減になります。 また日中もなるべく頭を上げている方が腫れがひきやすいです。
痛みや熱感が強い場合には、アイスノンで軽く冷やしてあげてください。 飲酒は一週間ほど控えてください。
コンタクトレンズは抜糸後から可能です。

手術翌日

通常通り洗顔は可能です。
痛みがあれば痛み止めを(処方箋→)内服するようにしてください 抜糸までは目を擦らないようにし、優しく洗顔するようにしてください。

七日目

ご来院していただき、抜糸します。軽い運動は可能です。
抜糸翌々日からはアイメイクも可能です。コンタクトレンズも付けられます。
その後3〜4週間かけて徐々に馴染んでいきますが、二重のラインが完全に落ち着くには2−3ヶ月ほどかかります。
まぶたが開けやすくなることにより、見た目の改善だけでなく、おでこの筋肉を使わなくなるのでシワが減り、眉毛の位置も下がります。
頭痛、肩こりなども解消されることが多いです。

リスク、感染症について
about risks and infectious diseases

  • 重瞼の左右差、予定外重瞼線、低矯正などのリスクが5〜10%ほどあります。 目立つようであれば再手術、追加手術を行う場合があります。
  • 術後、乱視により視力が一時的に低下する場合がありますが、半年程度でほとんどの場合改善いたします。
  • これまでまぶたが被っていた目が露出することにより、まぶしく感じることがあります。
  • ドライアイになることや元々ドライアイの方は悪化する場合があります。
  • 自律神経の不調が起こる場合があります。
  • 抗凝血薬療法、子供、妊娠中または授乳中、活動期の皮膚疾患、出血性疾患、コントロール不良の糖尿病、単純性ヘルペス、てんかん、自己免疫疾患の方には治療を推奨しません。
  • 治療により通常と異なる出血、血腫、腫脹などを形成した場合、予期出来ない副作用または合併症が生じた場合は必要な治療を行いますので、当院の指示に従ってください。

施術料
price list

施術(税込)
通常価格
眼瞼下垂手術
(目力UP)
¥440,000

※保険適応の方は保険にて治療させていただきます。
※各種クレジットカードでの支払いが可能です。

スキンクリニック山本皮フ科形成・美容外科

スキンクリニック山本皮フ科
形成・美容外科

【時間】午前 9:30~12:30 午後 14:30~18:00 【休診日】木・日・祝日

【時間】午前 9:30~12:30 午後 14:30~18:00
【休診日】木・日・祝日