ニキビ治療

HOME美容皮膚科ニキビ治療 キメ・毛穴 ニキビ

ニキビ治療のご案内

Treatment information

色素沈着やニキビ痕へとつながっていくため、早期の治療が非常に重要になります。

ニキビの原因
Cause

ニキビの原因は主に皮脂の過剰分泌による炎症で「尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)」という皮膚の病気です。
特に思春期に増加する男性ホルモンの分泌が活性化したりストレスなどが原因で過剰になったりすると毛穴から皮脂が過剰に分泌されます。
毛穴の出口の部分の角質が何らかの理由で増殖してしまうと、皮脂が排出しきれずに詰まってしまいます。
詰まった皮脂をエサにアクネ菌が増殖することで炎症が悪化します。
アクネ菌とは毛穴の常在菌で思春期以降、誰の皮膚にも住み着いている菌です。
増殖したアクネ菌がニキビの炎症を引き起こし、色素沈着やニキビ痕へとつながっていくため、早期の治療が非常に重要になります。

ニキビのメカニズムのイラスト1

思春期ニキビと大人ニキビの違い
Differences from adult acne

思春期ニキビ

思春期は男性ホルモンが増え、皮脂が過剰分泌し、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が増殖しニキビが出来てしまいます。
額や鼻など皮脂の多い場所に特に出来やすいです。 思春期ニキビは早い人で10歳頃から出始め、ピークが高校生くらいです。
ほとんどが20代前後で自然に治っていきます。 

大人ニキビ

20代後半〜40代前半に多いのが「大人ニキビ」です。
ホルモンバランスの乱れや乾燥、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れ、間違ったスキンケアなどによる原因が多いです。
ターンオーバーの乱れにより古い角質が蓄積し、主にフェイスラインや口回りに出来やすいです。

ニキビの種類
type

白ニキビ

白ニキビ

ニキビの初期段階で、皮脂が毛穴に詰まって盛り上がっている状態です。小さい白い点に見えますが、炎症は起きていません。
閉塞面ぽうとも呼ばれます。

黒ニキビ

黒ニキビ

白ニキビに溜まった皮脂が増え、毛穴がが押し広げられると毛穴の出口が開いて黒ずんでいる状態です。
メラニン色素や酸化された皮脂により黒く見えます。開放面ぽうとも呼ばれます。

赤ニキビ

赤ニキビ

炎症が起きた状態です。赤みやかゆみもあります。アクネ菌が大量に増殖しています。紅色丘疹とも呼ばれます。
アクネ菌により周りの皮膚組織が破壊され、クレーター状のニキビ痕が残ってしまう場合があります。また、一度赤ニキビが出来た毛穴は再発しやすい特徴があります。

黄ニキビ

黄ニキビ

ニキビの最終段階です。赤ニキビから更に化膿して黄色い膿ができ、痛みを伴います。この黄色い膿は白血球と細菌が戦った残骸です。更に重症化してしまうと色素沈着やクレーター状のニキビ痕になってしまいます。膿疱とも呼ばれます。

ニキビを予防するために心がけてほしいこと
How to prevent

洗顔

よく泡立てた洗顔料で擦らず、負担をかけないように洗います。
洗顔は一日二回ほどにしましょう。
一日に何度も洗うと必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうとして余計にニキビを作ってしまい、ニキビの原因になります。
皮脂づまりを起こしやすい方は、ピーリング作用のあるグリコール酸入の洗顔石鹸を当院でも販売しておりますのでご利用ください。

メイク

メイクをされる方は毛穴を塞いで詰まらせる原因になるので、油分の多いファンデーションは避けるようにしましょう。
また、ブラシやパフには雑菌が付きやすいので清潔に保つようにしましょう。

食生活

甘いものや脂っぽい食べ物を避け、ビタミン、ミネラル、タンパク質をよく含む食べ物を積極的に取るようにしてください。
特に乳製品や糖質の高い(GI値の高い)食物はニキビの原因となるため控えるようにしましょう。

睡眠時間

睡眠不足、夜ふかしはニキビの大きな原因となります。
男性ホルモン分泌を抑えるメラトニンが分泌されるように、夜は早めに就寝しましょう。特に生理前は早めにお休み下さい。

髪の毛

自宅ではなるべく髪をまとめ、なるべく顔に髪の毛が当たらないようにしましょう。
シャンプーの際は洗い残しがないようによくすすいでください。

スキンケア

保湿を怠らないようにしましょう。なるべくノンコメドジェネリックの製品を使用すると効果的です。
当院ではオイルフリーのセラミド入の保湿クリームを用意しておりますのでおすすめしております。

顔をむやみにさわらない

顔を触ることで、皮脂の分泌が促進されたり、炎症を惹起することになります。
ニキビがあるとかゆみが出ることがありますが、なるべく触らないように心がけてください。

ニキビの治療方法
Treatment

ニキビの原因は大きく分けると
角栓による皮脂づまり皮脂の分泌過多アクネ菌による炎症
に分類され、それぞれについてアプローチしていく形になります。
保険治療で用いられる外用薬、内服薬は標準治療と呼ばれ、最も効果があると世界的に認められた治療になります。 ですので、まずは原則保険治療によるニキビ治療を行っていただき、不足がある部分に関してやスキンケア等について自費治療でサポートしていく形になります。 保険の治療薬の中には、塗っていくと赤みや皮向けなどの皮膚炎用の症状を一時的に起こしやすい塗り薬もあるので、塗り方などを外来で指導させていただきます。 炎症を起こしたニキビを放置してしまうと、いわゆるニキビ跡や色素沈着になってしまい、保険治療では改善できない部分になります。ですので、ニキビができたらなるべく早く治療を行うことがとても大切です。

主な保険治療薬

ダラシンローション

抗生剤のローションでアクネ菌の増殖を防ぐ。

ベピオ

過酸化ベンゾイルという成分で、抗菌作用と毛穴の詰まりをとる作用があり、主に赤ニキビに効果があります。軽い刺激感があります。

ディフェリン

アダパレンという成分で、毛穴の詰まりをとる作用が強く白ニキビにも効果的です。
長期塗布により皮脂の分泌を抑える作用もあり非常に強力なニキビ薬といえますが、刺激感が初期の頃はでやすく扱いが難しいため塗り方に注意が必要なお薬です。 こういった標準治療薬に加えて、 スキンケアで更にニキビの改善や予防が期待できます。 (ビタミンCローション/レチノイン酸) が効果的です。 また、皮脂づまりが強い方や、ニキビのコントロールがつかない方は、ピーリングをおすすめする場合があります。

ニキビ痕
Acne scars

ニキビ痕となってしまう原因は炎症が悪化したり、無理やり自分で潰してしまうと真皮層がダメージを受けて色素沈着してしまい、それがニキビ痕となってしまいます。 白ニキビの段階ではきれいに治る場合が多いですが、炎症を起こしたニキビは正しいスキンケアを行っていてもニキビ痕として痕が残ってしまう場合があります。 一度クレーターのような凹んでしまうニキビ痕が出来てしまうとセルフケアではなかなか消すことが出来ません。
ですが、レーザーやピーリングを施すことできれいなお肌を取り戻すことが出来ます。
自分のタイプにあわせてどのような施術が効果的か医師と話し合うことが大切です。

ニキビ痕の種類と治療法
Types and treatments

赤み

赤みニキビ痕

大抵は時間とともに吸収されますが、炎症を治す過程で作られた毛細血管を通る血液の色が透けてみえてしまっていることが多いです。
また、ターンオーバーの遅れや異常で治りにくくなっている場合もあります。

茶色(色素沈着)

茶色ニキビ痕

ニキビの炎症により肌を守ろうとメラニン色素が大量に生成されます。
ターンオーバーが乱れているとこの大量に生成されたメラニン色素が皮膚に残ってしまい、ニキビ痕として色素沈着してしまいます。

クレーター(凹み)

クレーターニキビ痕

炎症がひどいと皮膚細胞を壊しながら悪化します。
真皮層までダメージが行くと新しい皮膚を作れなかったり、遅くなります。これにより皮膚が凹んでしまいます。

ニキビ痕の治療方法
How to treat acne scars

現在も新しくニキビができている方に関しては、まずは保険治療で基本的な治療を施し、ニキビにアプローチしましょう。
ある程度ニキビのコントロールがついた時点でニキビ後の色素沈着や凸凹に対して治療を行います。

ニキビ後の色素沈着に有効な治療

ニキビ後の凸凹に有効な治療

生活習慣や日々のスキンケアはニキビを作らないため、悪化させないための土台となります。
まずはニキビを作らないための日頃のケアがとても大切です。
ニキビの治療はセルフケアでは難しいことも多いのでまずは気軽に相談しに来てください。

スキンクリニック山本皮フ科形成・美容外科

スキンクリニック山本皮フ科
形成・美容外科

【時間】午前 9:30~12:30 午後 14:30~18:00
【休診日】土曜午後(不定期)・木・日・祝日